ブログトップ

ファイアー日記

clubfire.exblog.jp

9月11日:仙台で演奏する

第21回仙台定禅寺ストリートフェスティバル。わたしは今年で11回目のエントリー。思い起こせば幾星霜、わたしが初めて大勢の人前で演奏したのはこのフェスティバルだ。わたしの「ファイアー大道」としての活動はこのフェスティバルへの参加から始まったと言っても過言ではない。

今年は出番が遅い。午後7時過ぎだ。昼に仙台市内に入り出演時間が来るまであちこちの演奏会場に足を伸ばす。とはいえ仙台のダウンタウンに45カ所も特設ステージがある。わたしが見聞できたのはせいぜい4つ5つだったかな。勾当台公園滝前の特設ステージはここ数年「ブルース専門」だ。だからこの辺りで遭遇するのはよく知った連中だったりして意外と新鮮味がない。「ゥオッス!」なんて感じかな?(下図:出番を待つファイアー大道)
a0224327_22371188.jpg

わたしはもともと緊張症ではないし、バンドスタイルならまったくもって安心する。おまけに皆さんが「ファイアー!」と声援してくれるので勇気百倍、ヤル気満々、大感謝。皆さん、ホントに遅くまで残ってくださってありがとう!!(下図:集まってくださった皆さん)
a0224327_22322358.jpg

ちなみにサポートメンバーはミッキー扇(ハモニカ)、植松慎之介(ベース)、バットマン小森(ドラムス)。ソロ演奏では各々たくさんの拍手をもらう。もっとも弱冠二十歳の美少年慎之介に対する反応は若干悲鳴にも似たものであった!(下図:サポートメンバーたちとファイアー大道)
a0224327_2238843.jpg

a0224327_22434663.jpg

a0224327_2245388.jpg

さて、野外フェスでの演奏は40分。次は勾当台公園から歩いて10分の距離にあるバー「エイジャス」での演奏が予定されている。フェスティバルでの演奏の終わりに「この後は『エイジャス』でまだまだ歌います。よろしかったら来てください」と案内したところ、多くの皆さんがそのまま流れてくださった。嬉しいなぁ。「エイジャス」ではフェスティバルでは出番のなかった前日からの同行メンバーも出演して2ステージ。他にも中南米音楽を演奏するグループもあって賑やかな「後夜祭」になった。今年も本当にありがとうございました!(下図:総員出演)
a0224327_2257732.jpg

a0224327_2253222.jpg

a0224327_22594678.jpg


画像提供:仙台市在住A氏
[PR]
by clubfire | 2011-09-13 22:59 | 演奏記録
<< 9月14日:四谷ブルーヒートにて 9月10日:福島なまず亭で演奏する >>