ブログトップ

ファイアー日記

clubfire.exblog.jp

10月11日:名古屋と浜松で演奏して、ついでに東海道線を堪能する

10月3連休の演奏は名古屋と浜松。

往路は高速バスでレッツゴー!道路が混んでいたこともあって、新宿から名古屋まで8時間もかかる。イヤハヤ。いつまでも眠気がとれなくて、ぼんやりしながらも目的地スローブルースに到着。バンドメンバーと合流。ミッキー伊藤、佐久間啓介、ストーミー万太郎、バットマン小森。対バンしてくれたのはマド山本&グッドロッキンブラザーズ。

昨年は1年間まったく名古屋に来ていなかったので、名古屋のみんなとは本当に久しぶり。これまでは東京から一人で来ていたけれど、今回はサクマ、バットマンの両人もいていつもとちょっと感じがちがう名古屋であった。下画像は岐阜から聞きに来てくれた3人組。「ブルースで行こう!」のポーズ。
a0224327_2020885.jpg

翌日は浜松の市民音楽祭「第5回やらまいかミュージックフェスティバル」。ご両親がこの地に住むバットマン小森は既に4回他のメンバーとこの音楽祭に参加していたのだが、今回は「ファイアー大道Blues Show」を企画して誘ってくれたのだ。メンバーは円城寺重之、ミッキー井藤、ストーミー万太郎、バットマン小森。
a0224327_21583713.jpg

JR駅前広場だったこともあり、多くのお客さんに恵まれた。残念なのは、アンプの位置が後ろすぎたこと。佐久間さんから借りた5メートルのコードでも足りなかったのだ。自分のギターの音はまったく聞こえないし、前に出るたびにコードが抜けちゃった!野外ステージも何回も経験しているのにバカみたいだったなぁ。事前にアンプをマイクスタンドの近くまで持ってくればよかっただけなのに!反省。
a0224327_20591241.jpg

この通称「やらフェス」では、今春から浜松在住の小林テツ&ユカ夫妻と再会した他、東京からやってきていた他の参加組とも合流したりして楽しく過ごす。バットマンのご両親はわたしたちにサシイレをしてくださったり、浜松銘菓のお土産までもたせてくださったり。大感謝。
a0224327_2101343.jpg

さて、午後5時頃わたしはみなと別れて浜松を後にして東海道線で熱海をめざす。友人と熱海で待ち合わせて、彼女の別荘に泊まる計画だったのだ。名古屋から浜松の行程も東海道在来線なら、浜松・熱海間も在来線。熱海一泊後の帰路もやっぱりJRローカル線。めずらしく鉄道の旅を楽しんだのであった。下画像は暮れなずむ浜松駅。来年また参りましょうぞ!
a0224327_2124612.jpg

[PR]
by clubfire | 2011-10-11 21:14 | 演奏記録
<< 10月13日:九段のあたりを走る 10月6日:ウィキペディアが無... >>