ブログトップ

ファイアー日記

clubfire.exblog.jp

カテゴリ:演奏記録( 20 )

9月10日:福島なまず亭で演奏する

月日はとうしてかくも「矢の如し」なんだろう?わたしにとっての初秋の恒例イベント「仙台定禅寺ストリートフェスティバル」は毎年9月第2週目の土日の2日間に開催される。うわぁ、もう今年のフェスティバルか!!

仙台のフェスティバルには2日目の日曜日にエントリーしている。ここ数年、その前日は福島「なまず亭」で地元ブルースバンド「ブルース・クルーザー」と競演してきた。そんなわけで、今年もまずは「なまず亭」へ。ただ、今年がいつもと違うのは「ブルース・クルーザー」がいないということ。諸事情により現在活動停止中なのだ。ちょっと寂しい。とはいえ、ミッキー・扇が単身参加してくれた。そして「ブルース・クルーザー」の替わりと言ってはナンだけれど、郡山から「PLAY&PRAY」が来てくれた。このバンドの演奏を見聞するのは初めてだけれど、メンバーはほとんど皆知っているプレイヤーたちだ。
a0224327_1222071.jpg

東京から参加したのはわたしとバットマン小森、そして千賀喜通、植松真之介、山口隼太の(東京ではない)千葉茂原組。そして山形から合流のタッド三浦。こういった面々で「PLAY&PRAY」「ファイアー大道」「タッド三浦」の3ステージを行った。いつも見慣れた「タッド三浦ショー」だけれど、この夜は何だかいつにも増して面白くて楽しかったな。

ちなみにこの夜の宿泊は健康ランド「カッパ王国」。普段は超・長風呂のわたしなのに、この夜は汗を流した程度ですぐに休息室へ。熟睡。あっという間に朝になる。ああ、光陰矢の如し!
[PR]
by clubfire | 2011-09-13 21:48 | 演奏記録

9月4日:高田馬場ディグライトにて「Blues T.A.D.」9月研究会

a0224327_2357371.jpg

「1999年9月に発足した」というのを、そう言われて思い出した。「Blues T.A.D.」はタッド三浦が主催する月に1度のブルース研究会。わたしがブルースを演奏するようになったのは、まさにタッド三浦と出会い「Blues T.A.D.」に参加したことに依る。

わたしはオリジナルメンバーの一人だが、これまでここにはいろいろな人が出たり入ったりしている。「Blues T.A.D.」を閉鎖的な集団と思っている人もいる。気になるけれど近寄らないほうがいいと思っている人もいる。あるいは全然知らない人もいる。そうして12年の月日が流れた。

開催場所となる店も何度か変わった。現在は東京都新宿区高田馬場にある音楽バー、ディグライト。興味のある人には先入観なしに覗きに来てもらいたいなぁ。

公式サイト(管理者:タッド三浦)
http://www.geocities.co.jp/MusicStar-Guitar/5920/

関連ページ(管理者:minko)
http://page.mixi.jp/recent_page_feed.pl?module_id=592374&page_id=110271
[PR]
by clubfire | 2011-09-06 00:02 | 演奏記録

8月30日:室蘭市ペニーレーンにて

a0224327_1438355.jpg

今回お邪魔した北海道の店はすべてオシドリ夫婦が二人して店に入ってきりもりしている。ここペニーレーンも同じ。演奏が始まるとマスターと奥さんがご常連を巻き込んで盛り上げてくれた。この夜も久保タクマとのデュオだったが、地元のギタリストであるザイツ氏も加わって後半は賑やかに。次回はフルバンドでやろう、などと演奏後に歓談する。実現すれば面白いだろうな!

2日間サポートしてくれた久保タクマ。札幌を離れて、現在は伊達市内の実家の菓子店で働いている。どうやら家業を継ぐのは下の兄さんらしく、彼のアイデンティティはあくまでもブルースプレイヤーだ。若い彼のことだからこれから演奏の機会も増えるだろう。またあう日まで、お互い元気にがんばろう!
[PR]
by clubfire | 2011-09-03 16:16 | 演奏記録

8月29日:伊達市パル喫茶にて

伊達市のJR駅名は「だてもんべつ」という。高校の2年間、わたしはこの駅から電車に乗って隣町にある室蘭栄高校という道立高校に通った。当時の通学は大変だった。自転車に乗り、汽車に乗り、歩いて1時間以上かかる。しかも田舎のJR(当時はもちろん国鉄!)だから、列車の本数がこれまた少ない。1時間に1本。放課後などマジメに掃除当番をしようものなら帰宅は夜7時になる。

高校2年のときにはもうホトホトそんな通学がイヤになり、自宅の目の前にある伊達高校に通わなかったことを激しく後悔していた。以来、わたしは「学校も職場も自宅から近くあること」を金科玉条としている。さて、40年ぶりに駅舎の前で記念撮影。
a0224327_13304466.jpg


パル喫茶は駅前通りの裏にあった。絵描きのマスターガンちゃんと奥さんのケイコさんが笑顔で迎えてくれる。北海道在住のブルースプレイヤー久保タクマを高校生の時分からよく知っているというので、初対面とはいえ親戚のような気分。おまけに中学の同級生Tさんが待っていてくれた。とはいえ、わたしはどうにも彼女を思い出せなかったのだけれど、話せば話すほどわたしたちが同級生であることが判明。

演奏は久保タクマと二人で。タクマは演目にあわせてギターをハモニカに持ち替えながらサポート。タクマが脇にいると演奏は安定し、グルーブが生まれる。今回の北海道ではおそらくベストパフォーマンスとなる。演奏後も深夜まで飲酒歓談。また来ます、伊達!そしてパル喫茶!
a0224327_13285715.jpg

[PR]
by clubfire | 2011-09-03 14:19 | 演奏記録

8月28日:札幌市おいしんぼにて

a0224327_20474014.jpg


重吉郎マスターと年子ママがきりもりする居酒屋おいしんぼ。日曜日はふだんは定休日だが、この日はライブを企画していつものように地元のミュージシャンと一緒に待っていてくれた。

わたしはソロだったが、ステージの後半はお店にいたプレイヤーKさんと一緒に演奏。マスターにも最後にベースを弾いてもらった。演奏後はご常連たちと歓談するも、この夜は自力で北広島市の母の家に帰らなければならないのでセワシナイ。バタバタとみなさんと挨拶を交わして地下鉄、JRへとダッシュ。今年の夏もありがとうございました。また来年!!
[PR]
by clubfire | 2011-09-01 21:05 | 演奏記録

8月27日:札幌市サニーズバーにて

カントリーバー、サニーズバーは札幌の繁華街すすきののちょっと外れにある。前日にひきつづき下野君がサックスとベースでサポートに入ってくれた。

お店のご常連シンガーであるディーン柴岡さんとマスターのサニー室谷さんも短いステージを披露してくださった。わたしの北大時代の先輩でもあり上司でもあったU教授が来てくださった。来年定年だと聞いてびっくり。終始ニコニコ聞いてくださった。助手時代、研究室で居眠りしてばかりでスミマセンデシタ!

演奏後はディーンさんといろいろ話す。音楽のことだけでなく北海道の産業や歴史などにも話題は敷衍す。ううむ、ディーンさんって何物?写真を撮りわすれる。残念。サニーさん、また来年来ます!!
[PR]
by clubfire | 2011-09-01 20:43 | 演奏記録

8月26日:恵庭市モジョハンドにて

a0224327_201095.jpg


恵庭市駅前のお店。マスターせいじさんと奥さんのKEYさんが昨年同様あたたかく迎えてくれる。ステージはサックスとベースを持ち替えてサポートしてくれる下野君と。最近このあたりで評判(!?)というガジー君もギターを背負ってやってきた。若いものはう〜んと鍛えなくちゃね!

演奏の後はみんなで打ち上げ。せいじさんからお店のイベントの話などを聞く。スケジュール表をみると、この秋は道外からのプレイヤーも数多く、千客万来の様子。せいじさん、KEYさん、忙しくなりそう。モジョハンド、今年もありがとう!来年の夏またお会いしましょう!!

お店のHP(ブログ)に当夜のレポートを載せてくださっています。ご一読ください。
http://mojo.eniwa.info/article-date/2011/08/27
[PR]
by clubfire | 2011-09-01 20:15 | 演奏記録

2011年8月20日:阿佐ヶ谷オイルシティ

阿佐ヶ谷には(有)シカゴプランニング経営の店が3つあって、このうち「シカゴ」と「チェッカーボード」はもう何年もの付き合いだが、この「オイルシティ」はこれまで馴染みが薄く、今回初めての演奏だった。とはいえ、先月ちょっぴりゲストで出ていたのだけれど。
a0224327_11575364.jpg

他の出演は「ブルースホッピーズ」「ビッグロック大岩」で、いずれもよく知っている連中。ただ、ビッグロック大岩の横でテレキャスターを弾いている男性が分からない。「何か見覚えあるなぁ」と思っていたら、マスヤンと判明。一時期「チェッカーボード」のセッションによく参加してくれていたのだが、最近あまりみかけていなかったのだ。

驚いたことはもうひとつ。今月のはじめに仙台で会ったばかりのAさんが、夫と娘をつれてぷらりと来店してくれたこと。夫と娘が鉄道マニアなので「電車を乗ることが目的」で東京へ来たとのこと。青春18切符鈍行の旅らしい。仙台ではソロ演奏だったので、今夜は即席でもデュオを聞いてもらおうと考えて、「ブルースホッピーズ」のジョーカー小澤につきあってもらった。
a0224327_1833451.jpg

みなが退けた後、お店のママ、廣田さんと歓談。「オイルシティ」はフードメニューが充実している。彼女が手作りしている小料理(!?)も多数。最近は平日ランチも始めたらしい。わたしも「上海風ワンタン(だったかな?)」を食べてみた。既製品やレトルトとは違う、家庭的な正しい味だ。こんなにきちんと作っている料理ならもっと宣伝しなくちゃ、とオセッカイなアドバイスをして店を辞す。小柄な廣田さん、わたしより1か月お姉さんであることが判明した夜。

画像上はネット上から問答無用に転載、画像下はアッペさんよりの提供。
[PR]
by clubfire | 2011-08-22 12:24 | 演奏記録

2011年8月14日:今週の演奏報告

12日(金)は目黒駅から歩いてチョット、お好み焼き・明石焼の『明石野』にて。ほんの二月前からはじまったご縁であったが、このお店、もう長いこと生演奏が聞けるお好み焼き・明石焼の店として知られていたらしい。なるほど、あらためてネットでリサーチすると知っている人たちがたくさん演奏している。マスターがブルース好きのドラマーだったのだ。しかしながら、店内でのライブ演奏は今月でいったん停止するとのこと。詳しいことは聞かなかったけれど、その理由は何となく分かるような気がする。
a0224327_1145213.jpg


というわけで、出演3回目にして最後の演奏となったこの夜。来店すると既に数名のお客さんがいたので、さっそく演奏を始める。やがて店内はほどよく満席となる。四谷『ブルーヒート』のセッションで知り合ったギタリストのMさん、ハモニカと歌のNさんがそれぞれ夫人や友人・部下(?)を連れて来てくれたからだ。休憩後の2ステージ目はMさんNさんの飛び入りで賑やかに。Nさんは前回も寄ってくださったのだが、今回はハモニカの他に生ギターも持参。美声を生かした弾き語りも披露してくれた。ちなみにこの夜はわたしも明石焼をしっかり食する。美味しかった。いくつでも食べられる!

a0224327_114802.jpg
13日(土)は自宅より自転車10分の高田馬場『Crossroad』。他の出演は「葉子」「オグリ昌也」のみなさん。店名がクロスロードということもあり、「ブルース」がキーワードにはなっているけれども、この店で演奏しているのは主にシンガーソングライターである。アイデンティティを模索し、オリジナリティを希求する音楽。それを需要供給するのは、やはり、若い人たち。この店ではいつもわたしが最年長みたいだ。

多少の違和感は禁じ得ないものの、この夜も若者たちと演奏、歓談。他店のスケジュール表などでよくその名前を拝していたオグリ君。演奏を初めて聞いた。スリーフィンガーが美しく、オープンチューニングのボトルネック奏法も堅実で破壊力がある。とても参考になった。少し早めに店を辞して帰宅。気温が下がらない夜。

画像はいずれもインターネット上で入手。著作権フリーや否や...
[PR]
by clubfire | 2011-08-14 13:23 | 演奏記録

2011年8月7日:みちのく3DAYS

4日、5日、6日の3日間、夏祭りでにぎわう東北で久しぶりに演奏した。

いつものように「高速バス&ネットカフェ」を主軸にした師匠タッド三浦直伝の格安演奏旅行。「高速バス」も「ネットカフェ」も嫌いじゃないからまったく苦にはならないものの、節電の夏、どこもちょっと暑かったなぁ〜。

a0224327_19205192.jpg
初日は郡山市「音蔵」。店内にはご常連たちのギターがずらりとキープされている「ギター酒場」。郡山の古いブルース仲間、清水さん(g)とストーブ吉成(drs)が来てくれた。地域の音楽活性化に情熱を傾ける清水さんはウェブテレビ(?)も運営しているとのことで、突然その番組コンテンツを制作し始める。わたしもカメラの前に座って雑談したけれど、これ、みんなが見るの?

エピフォンカジノで弾き語りソロをワンステージ。その後、清水さんやストーブ、ご常連のプレイヤーのみなさんといっしょにセッション風ステージをもう1つ。そして最後はめいめいのステージ。お店のママとマスターが中心になって最近結成されたというオールディズバンドの演奏も登場した。

a0224327_1919788.jpg
2日目は仙台「エイジャス」。内装が超豪華なお洒落ショットバー。ヨットキャビンを模しているのだと思う。実際に乗ったことがないからよくわからないけれども、映画の中でお金持ちが殺されたりするシーンで見かける感じ。そんな中でソロで演奏。定禅寺SJFが縁で親しくなったAちゃんやPさんがお友達やご主人を連れて来てくれた。実は、この日は毎月定期的に同店で演奏しているガロート川村さんの出演日だったらしい。ガロートさんがガットギターでボサノバを中心にしたワンステージを披露してくださった。そして、演奏終了後はやはりここでも腕や喉に覚えのあるみなさんでアフターステージ。

a0224327_1921930.jpg
最終日は山形「パルティア」。市街地からやや離れたところにある家庭料理の店。少し早く付いたので、徒歩圏内の温泉で一汗流す。ここでもソロ演奏だと思っていたら、なんと、現在山形市在住のいまぶー(drs)が、地元のプレイヤーたちと一緒に合流してくれた!後藤(g)、吉田(b)、佐藤(Harp)の皆さんは初対面、ワリノ氏(p)は久しぶりの再会。他にもPAやアンプなどの機材を含めて手伝ってくれたO氏、K氏。賑やかな夜になった。お客さんの中にいまぶーの幼稚園の担任の先生がいてビックリ。「今井さんって、ひょっとして、卓也くん?」

今回も各地でみなさんにお世話になりました。チップもたくさんいただきました。どうもありがとうございました!

『倶楽部ファイアー』:http://music.geocities.jp/clubfire_01/index.html
[PR]
by clubfire | 2011-08-07 20:23 | 演奏記録